• ホームアイコンホーム
  • 地域
地域
Search result 346 件

Kakunodate

歴史文化あふれる

角館の魅力

 角館の今に続く町並みをつくったのは芦名(あしな)氏で、江戸時代のはじめ1620年(元和6年)のことでした。その後は佐竹北家の城下町として栄えました。   玉川と桧木内川に沿いに市街地が拓け、三方が山々に囲まれたこの町は、歴史ある武家屋敷と桜並木が美しい、まさに「みちのくの小京都」と呼ぶにふさわしい風情を漂わせた観光名所です。

Kakunodate

小京都角館を思わせる和雑貨とアクセサリー、かわいいインテリア小物販売

ハンドメイド雑貨 +Ohana

江戸時代から続く伝統工芸つまみ細工の髪飾り、日本の畳に使われるへりを使ったカラフルなリボンなど、角館の町並みに合った和のアクセサリーが豊富にあります。 作家が1つ1つ心をこめて、丁寧に作ったハンドメイド雑貨のお店です。 他にもアロマキャンドルや布小物、また角館のお祭りの各丁内半纏模様の髪飾りやアクセサリーはここでしか買えない限定品です。 角館にいらした記念に、プレゼントにも喜ばれております。

Kakunodate

セレクトショップ 香月コレクション

アート&クラフト香月

 春は桜、夏は深緑、秋は紅葉のにぎわい、そして冬は凛とした白い世界。桜に月の幽玄な様を香月と言います。その美意識は日本人が昔からもっている普遍的なもので、この文化を角館から発信したいと考えます。ひとつの「器」であなたを心豊かに、ひとつの「灯り」であなたの心にうるおいを。こんなことを想い、香月はあなたをお待ちしています。

Kakunodate

角館の武家屋敷 唯一、直系の子孫家族が住み続け、武家について伝承

石黒家(いしぐろけ)

秋田・角館の武家屋敷の中では、唯一、直系の子孫家族が母屋に住み続けております。住居として使い続けていますので、公開エリアは屋敷全体の半分程度です。しかしながら、ここ一軒のみ、随時、部屋に上がり、武家屋敷特有の内部を見学することが可能です。また、いつでもスタッフから、この屋敷の特徴などについて、口頭で案内説明を聞いていただくことが出来るので、角館の武家屋敷について理解しやすいと好評です。

Kakunodate

JR東日本ホテルズ

ホテルフォルクローロ角館

悪天候でも楽々チェックイン♪ また、チェックイン前・チェックアウト後にお荷物をお預かりいたしますので、観光やビジネスの拠点に最適です!