温泉・泊まる

田沢湖

開湯以来350余年の歴史が醸し出す秘湯の味わい

鶴の湯温泉

鶴の湯温泉は乳頭山(1478m)の麓の乳頭温泉郷(にゅうとうおんせんきょう)の八軒のうちの一軒で同温泉郷の中でも最も古くからある温泉宿です。
古くは寛永15年(1638年)に二代目秋田藩主 佐竹義隆公が、寛文1年(1661年)に亀田藩 岩城玄蕃公が鶴の湯に湯治訪れたといわれています。一般客相手の湯宿としての記録は元禄時代(1688~1704年)から残っています。

鶴の湯の名前の由来は地元の猟師.勘助が猟の際に傷ついた鶴が湯で傷を癒すのを見つけ事がそのまま鶴の湯の名に残ったのだといいます。

泉質:含重曹・食塩硫化水素泉 
効能:高血圧症、動脈硬化症、抹消循環障害、リウマチ,糖尿病、しもやけ、湿疹など 
他に白湯、黒湯、滝の湯があり泉質も違います。 

詳細情報
住所〒014-1204 秋田県仙北市田沢湖田沢字先達沢国有林50
電話番号0187-46-2139
価格帯

8,790円~16,350円

クレジットカード・電子決済Visa・Mastercardのみご利用可能です。
ホームページhttp://www.tsurunoyu.com/
アクセス
【新幹線こまちで】

秋田新幹線こまちでJR田沢湖駅下車 駅前に定期バス(羽後交通 乳頭温泉行)発着所があります。
田沢湖駅に着きましたら何時のバスに乗られるかお電話下さい。当館の送迎車がアルパこまくさバス停までお迎えにあがります。
乳頭線のバスは1時間に一本です。

送迎は鶴の湯温泉―山の宿―アルパこまくさバス停のみになります。

【飛行機で】

秋田空港、花巻空港、が最寄り空港です。秋田空港からは90km車で120分かかります。秋田空港から秋田駅までのリムジンバスは所要時間40分。秋田駅から田沢湖駅までの新幹線は60分、です。秋田空港から直接乳頭へ運行している予約制の乗り合いタクシーのエアポートライナーが便利です。花巻空港へは花巻―盛岡―田沢湖

【お車で】

東京・仙台方面から

盛岡インターから国道46号線で秋田方面へ田沢湖町へ入り国道341号に右折・先達沢交差点で右折(ENEOSのガソリンスタンドがあります)13kmほど県道を登ったところで左折、鶴の湯の木製の看板がでていますので左折、3km鶴の湯林道をすすむと途中別館山の宿を経由し鶴の湯温泉へ。

秋田市・秋田空港方面から

秋田市からは国道13号国道46号を通り 田沢湖に入ってからは国道341号へ左折・先達沢交差点を右折後13kmで鶴の湯温泉入口です。