Kakunodate

秋田県指定伝統的工芸品

イタヤ細工

イタヤ細工

イタヤカエデの若木の幹を帯上に裂いて編みます。寛政年間(1790年頃)に農村の副業として興り発展したといわれ、農家向けの箕やカッコベが主流でした。

現在は職人が僅かになりながらも民族工芸として伝承されています。素朴で深い味わいある手仕事が注目され、中でも小つづら(かご)が人気です。また、体験学習やお土産にイタヤ馬があり、イタヤの白い木肌が目を引きます。

イタヤ狐

イタヤ馬

関連ページ⇒仙北市公式Webサイトー角館樺細工伝承館「角館の工芸品」

詳細情報