• ホームアイコンホーム
  • 伝統・文化 伝統・文化
伝統・文化
Search result 90 件

Tazawako

渓谷美を堪能できる

玉川渓流

 八幡平を源に流れる沢が、川らしくなり始めるのは玉川温泉の辺りです。広葉樹の深い緑を縫い、玉川ダム湖へ流れ込んでいます。原生林の緑と清流が時にはダイナミックに、時には繊細な美しさを醸し出します。

Kakunodate

送り盆・ささら観光行事

角館のささら舞

【開催日:毎年8月15日】   四百年以上の歴史を今に伝えるささらは獅子舞のこの地方での呼び名です。  「ささら」という木製の楽器を鳴らしながら踊ることから「ささら舞」と呼ばれ、400年前、佐竹氏の国替えの時に行列の先頭に立って悪霊退散のために行ったものが始まりとなっています。  今日ではお盆の行事として豊作や無病息災を願うために舞われています。  ※白岩ささら &

Kakunodate

Tazawako

佐竹北家の野遊びを思い浮かべながらいただきたい、歴史ロマンあふれる郷土料理

御狩場焼

御狩場焼 -おかりばやき- とは   御狩場焼は、肉・季節の野菜などを山椒味噌で調理した料理です 素材の滋味を、香ばしい山椒味噌がひき立てる、豪快ながらも繊細な味わい。佐竹北家の野遊びを思い浮かべながらいただきたい、歴史ロマンあふれる郷土料理です。  「狩りの場所」で「焼いて食べる」との事から「御狩場焼き」と云われています。

Nishiki

市指定無形民俗文化財

上桧木内の紙風船上げ

武者絵や美人画が描かれ、灯火をつけた巨大な紙風船が、きらめく星々のごとく真冬の夜空に舞う年中行事です。 この行事の始まりを書き溜めたものはありません。伝説では江戸時代の科学者である平賀源内が、銅山の技術指導に訪れた際に、熱気球の原理を応用した遊びとして伝えたとも言われています。 以前は五穀豊穣や家内安全を願う「虫焼き」(田圃に稲わらを積み火をつけるもので、どんと焼き、天筆とも呼ぶ)と同

Tazawako

日本一の鋳造黄金観音像

田沢湖金色大観音